2006年10月20日

郵便屋さんごめんなさい

自動車保険の一括見積りサイトを初めて利用してみた。

実は既に現契約の保険会社で近所の代理店を紹介してもらい、先日見積書をもらっている。
いつもならそのまま継続なのだが、今回は引っ越して新しい代理店さんにお世話になるわけだし、新商品が出てたりする関係もあって若干見直すことにしたため、契約自体は未完である。
しかし歴史的経緯もあって他社に乗り換える気は毛頭なく、見積りサイトの利用もほとんど思いつきというか、今時流行の通販なるものをちょっと偵察、ぐらいの軽い気持ちだった。

見積り結果はメールでもらうということにして条件を設定していったのだが、やはりというか、住所も入力せよという。
いや別に住所ぐらい教えても良かったのだが、参考までに他社の金額をちょっと見てみたいだけだし、あまりDMが来てもウザイかな、などと思い、郵便番号だけ設定して自動入力される住所で番地等を補完せず、そのまま送信した。

2社ほどはすぐに結果を見ることができたが、残り(4社ぐらい?)は後日ということになった。しかしそれでその場の好奇心は十分満たされたので、私の中では、もうこの件は終わっていたのである。

電話番号は正しく教えていたため、その後、住所確認と思わしき電話を2回ほど受けた。
わざわざメールか郵送かという選択肢を用意しておきながら結局は郵送になる仕様には感心できないが、もちろんその程度のことは想定内だったから、保険会社の名前を聞いた時点で「あっ、もう他社と契約しましたから〜」と言ってすぐに電話を切った。

留守番電話にも数社から伝言が入っていたが、特に連絡はせず、放置していた。何回かリトライして諦めるだろうと。
うちはほとんど常時留守電になっているので、この程度は迷惑というほどのこともない。

ところが驚いたことに、先日2社から見積書が届いた。条件を変えて2回申し込みを実行したため各2通になっており、都合4通の分厚い封筒だ。
電話で住所を確認しようとしたが捕まらないので、ええい送ってしまえということになったのであろうか。

しかし我が家は集合住宅、しかも郵便受けには部屋番号のみで名前も出ていない(管理会社が書いておくと言っていたが未だ実行されず)という悪条件下、番地も部屋番もなく実質的に郵便番号と名前のみの情報で、よく配達できたものだ。

こんな明らかに不完全な住所で郵便物を発送することにも驚いたが、それをちゃんと配達してしまう郵便局のプロの仕事(?)にはもっと驚いた。こういうことは、よくあるのだろうか?

ちょっと個人情報を出し惜しみしたばっかりに、郵便屋さんに余計な苦労をかけてしまった。ごめんなさい、もうしません……。
posted by ばうむ at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | [生活]
2006年07月24日

身体が重い

tamayo060700
全身が重くて、何をする気も起こらない。1件面接の予約をするつもりだったのに思いきりくじけた。
何か食べなくてはと思うのだがどうにも億劫。ダイエット食品でごまかす。
posted by ばうむ at 21:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | [生活]
2006年07月20日

猫と修繕費

前のアパートを退去した際の修繕費等の請求が来た。

トイレのドアに穴を開けて猫用扉を取り付けたりしたのをそのままにして出て来たので、相当取られるだろうと覚悟はしていた。しかし明細を見ると、問題のドアが3万5千円なのに対して、畳がなんと5万円以上にもなっている。実は畳表がボロボロになっていたのだが、それは決して猫のせいなんかではなくて人間が毎日スリッパ(正確にはサンダルかも)で畳の上を歩いていたことによるものなので、見た瞬間、思わず苦笑してしまった。業者の人は、猫がすさまじい勢いで爪とぎをしたとでも思っただろうか。

それにしても明細を見てしまうと、特に畳など、どうせ替えるだろうにそんなものまで請求しなくても、という感じだが、大家さんには、元々契約になかったのに連れ込んでいた猫を黙認したうえに可愛いとまで言ってもらった(!)恩義があるので、名目はどうであれ、ここは感謝の気持ちとして気持ち良く支払うつもりだ。

ちなみに、うちの猫は、柱やふすまで爪をとぐようなことは一切していない。トイレの扉の穴なんて、部屋が散らかし放題で猫のトイレを置けそうな場所が人間用のトイレの前ぐらいしかなく、そこで扉を開けっ放しにすると人間が通行に不便だからという、全くこちらの都合で開けたにすぎない。

そう考えると、実際には猫による損耗というのは皆無で、すべて人間がずぼらだったために発生した費用、まさに自業自得ということになる。

ちなみに過去の教訓を生かし、今回は少し無理をして「ペット可」の物件を探した。また、畳の上には最初からカーペットを敷いている。当分引っ越しなどしたくはないが、今度引っ越すときには、普通に出て行けるはず(?)である。
posted by ばうむ at 02:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | [生活]
2006年07月15日

お馬さんありがとう

枕がほしいと叫んでいたら、なんと、プレゼントしてくれるという人が現れた。なんでも競馬で大穴を当てたのだそうな。言ってみるものだ。1着になってくれたお馬さん、ありがとう。いや、感謝する先が違うって。

ちなみに、私自身は、どうもギャンブルには向いてないらしい。

実は先の太っ腹な人の勧めで過日ちょっと馬券を買ってみたのだが、やはり買うからには勝てそうな馬に賭けようと思うと、事前情報をいろいろ調べなくてはならない。その知人は馬を見て雰囲気でわかるそうなのだが、私には残念ながらそういった能力は備わっていない。山勘というようなものも、ついぞ働いたためしがない。

そんなわけでデータで攻めるしかないのだが、そのデータの量といったら、無料で手に入るものだけでも実に膨大なのである。馬の血統、過去の戦歴、調教の具合、当日の体重・体調、騎手の戦歴、競馬場の路面状況(?)等々を総合的に考え合わせて、勝てそうな馬を決めるわけだ。

それだけでも難しいのに、さらにそのうえでギャンブルとして勝つためには、倍率を見て、なるべく他の人が比較的買わなそうな馬、つまり他人の評価が自分のそれに比べて低くなっているような馬に賭けなければならない。また、普通は1口100円を何口も買うので、投資の配分も重要である。1着だけに賭けるか、1-2着、あるいは3着までを賭けに含めるか、着順もみるか、などを100円単位で決めることになる。

1レースで600円ほど買ってみて一応は倍ぐらいに増えたのだが、儲かって嬉しいというよりは、すっかり疲れ果ててしまった。そんなわけで、面倒なのが嫌いでなおかつ山勘が働かない自分には向かない趣味だと悟った次第。

そういえば、今回当たったお馬さん、大穴になるぐらいだから、ほとんどの人が入賞を予想していなかったわけだ。それが勝ったということは、きっと相当に頑張って走ってくれたはず。筋違いと知りながら、やっぱりありがとうと言いたい気分である。

posted by ばうむ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | [生活]