2007年07月05日

アドセンス導入

とうとうアドセンスにも手を出してしまった。昔はページ上部にこれが貼ってあると、うちの貧弱な端末じゃタイトルバナーと合わせて最初の画面では実質何も見えない状態になるようなことがよくあって、正直のところ決して印象は良くなかったのだが、いつの間にかすっかり慣らされてしまったようだ。もっとも、今は貼る側も慣れてきたのか、明らかに邪魔な場所に貼ってあるサイトは、普通のところではもうそんなに見かけなくなったような気がする。

しかしこれ、ちゃんと範囲を設定してやらないと、日記じゃもともとキーワードが薄いから、定型のところを拾ってあやしい情報とかマルチまがいの類ばかりになってしまう。気付いて修正したが、一度キャッシュされた情報はかなりの期間残るようだ。そういえばリングでも、削除済サイトの名前にマッチしたとしか思えない広告が随分長い間出てたっけ。

たぶん新しい情報によってキーワードの追加はされるけど、いったん登録されたものは押し出されるか古くなるかしないと消えないような仕組みになっているのだろうか(特に調べたわけじゃないので、全くの憶測だが)。それでいったん何か強力なワードがプールに入ってしまうと、ページ内容が変わっても当分はそれ関連の広告が出続ける、と。

とにかく、おかげでどのページを見ても似たような広告で、実につまらない。これならAmazon売れ筋の方が、まだ楽しかったかなあ。……って、一体、何のために貼ってるんだか(笑)

まあ、修正が反映されても、キーワードが薄いことには変わりないから、多少ましになるかなという程度なのだろうけど。特に、文中にブ*グとかトラ*クなんとかみたいな、それ系の用語が入ってしまっている記事は、もうどうしようもない。ここしばらくの記事はそういう話題が多かったが、今さら書き直すのもなんだし、そのへんは諦めるしかなさそうだ。

また別のサイトでは、記事を書く前のデザイン段階で範囲設定も何もないままアドセンスを貼って確認表示とかしちゃったものだから、どうも運営からの告知としてサイドバーに出ていた字句を拾ったらしくて、それこそ記事内容とは全く無関係な広告が出続けている。こちらの場合、トップページと過去記事やカテゴリのページ(記事がない状態では存在しなかった)とで、内容はほとんど同じなのに広告ががらりと変わったりして、ちょっと面白い。

とりあえず、ページの隅でもサイドバーでも、何か1つ強力なキーワードが入っていると、簡単にそれに占拠されてしまうということはよくわかった。しかし、わかったからといって、どうせうまく広告が出そうな題材を選んで書こうなんて気にはなれないのだから、結果は大して変わらないんだけどね。

それにしてもこの種の広告、ずいぶん普及してきたように思っていたが、けっこうまだ分野は限られているのだろうか。

はてな支店なんて地域関連の話題に絞っているのだからローカルな広告が出るかと思えば、確かにキーワードとしては地名を拾っているのだが、実際に出てくるのは全国ネットのサービスが各地の地名で出してるようなのが大半で、あとは観光関係(別に近所というわけでもなく、下手すりゃ海外だったり)がちょぼちょぼ。本当のローカル広告はたまにしか見かけない。きっと出稿自体が少ないんだろうな。

多分、まだまだ折り込みチラシとかタウン誌とか、紙メディアが優勢なんだろうと想像する。そういえば、ひこにゃん関係のイベントなんかで、情報を辿っていくと最後はPDF(それも印刷用と思しき巨大なやつだったり)になっちゃってることが多くて参ったっけ。

でも、ああいう紙のものって意外と配布範囲が限られてるから、ちょっと広めのエリアの情報が欲しいって人には、ネット広告はかなり有効だと思うのだが。

参考リンク


「ひこにゃん」で検索して来ちゃった方は、こちらへどうぞ。
ばうむ日記はてな支店

「+通販」なら、こちら
通販で買えるひこにゃん関連商品
posted by ばうむ at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | [サイト]

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4592590
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック