2008年10月26日

腐女子の資格は……

アニメ「純情ロマンチカ」が結構ツボだったのをきっかけに、まずは原作コミック、さらにこのごろではボーイズラブ小説なるものにまで手を出すようになって「これで自分も腐女子の仲間入りか?」なんてちょっとドキドキしていたのだが、よくよく調べてみると、どうやら腐女子というのは自分の妄想で萌えの「自家発電」ができて初めて一人前らしい。

要するに、いわゆるそのジャンルじゃない普通のアニメやドラマを見ても、男性の登場人物同士を脳内で「カップリング」して、どっちが「受け」だとか想像して楽しむことができなければいけないというのである。……ごめんなさい、自分には無理でした。

だいたいBLでなくても、設定だけ借りてストーリーを自分で作るということ自体、たとえそれがごく短いものでも、途方もない難題と思える。これは小学生の頃、みんな逆上がりができているのに自分だけはどうしてもできるようにならなかったときの気持ちに、ちょっと似ている気がする。

思うに自分の脳内では、どんなに気に入った作品であろうと物語はあくまでも物語であり、結局は他者による世界なのだ。しかし、もしも自他の境界線をもう少し曖昧にすることができたならば、ひょっとして他人の人生について事実を離れた想像を膨らますことも可能になるのかもしれない。

そんなことができる日は、果たして自分に来るのだろうか。

posted by ばうむ at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | [趣味]

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21900344
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック