2006年08月12日

枕の使用感(MOGUアドバンスピロー)

このところブログ更新を怠けているが、欲しかった枕が手に入ったところまで書いて放置状態になっているのはちょっとマズイ気がするので、簡単に使用感を書いておこうと思う。

入手した(頂いた)のは「MOGUアドバンスピロー」(ADVANCED MOGU PILLOW) のMサイズ。

だいたい枕というのは一種空気みたいなもので、不都合がなければその存在を意識することはあまりない。

クサイとか煙たいとか酸素が足りないとか、何らかの問題があるときには空気が非常に気になるが、逆にこの空気はすばらしいなどと思うのは、山に登ったとか特殊な状況に限られる。普通に生活しているときに空気や呼吸をいちいち意識していたら、それこそ息苦しくなってしまうだろう。

枕も同じだ。首が痛くなるとか暑苦しいとか、何らかの不満があれば枕を強く意識するが、今回の枕では、いったん慣れた後は、全くと言っていいほどそれがなかった。つまり、枕の存在が「気にならない」。こう表現すると消極的な評価のようだが、枕の場合、不満がないというのは最高点だ。正直、不満がある方がレポートは書きやすい(笑)

実は「パウダービーズ」という言葉の雰囲気だけでなんとなく前に使ったことのあるパイプ枕のような感触を想像していたのだが、実際には全く違っていた。強いて言うならパイプよりは低反発ウレタンの方が近いが、似ているというほどではない。言葉では説明しづらい、独特の素材感である。

この素材の耐久性がどれぐらいのものかわからないが、これがいいとなると、他に代替品はなかなかなさそうだ。新品を買ったばかりで次の心配をするのも妙だが、製造元の会社はもうないなどと聞くと、今後の入手性が気にかかる。予備を買っておいた方がいいんだろうか……。

店頭で試したことがないためサイズ選択は賭けだったが、幸いMでちょうど良かったようだ。この枕は調整ができる作りにはなっていないので、合わなければ最悪買い直しということにもなる。このあたりが通販の難しさだが、今回は一発で当たってラッキーだった。

リンクを見る
posted by ばうむ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [買い物]