2005年08月31日

相思相愛のつもりだったけれど...

相思相愛のつもりだったけれど、どうしても辛くなって閉じこもりそうな自分を何とか奮い立たせて頼ったとき、いかにもあっさりとかわされて愕然とした。

合鍵を返したら躊躇なく受け取り、その後は「つかず離れずの関係」をご所望ときた。

それまでの優しい言葉は、すべて性欲が紡ぎ出していたのかと思うと悲しい。いくらかでも私を必要としていてくれると信じていたが、どうやら独りよがりだったらしい。
posted by ばうむ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | [生活]